プロフィール

たけしたひさえと申します。
東京都内に住んでいる40代主婦です。
私は特にひどい霊障を乗り越えたわけでもなく、ほんとうに普通に生活しておりました。
(厳密に言うともしかしたら霊障?というのが無いわけではないと思うのですが、
あまり気にしないでいたら通り過ぎてしまったのかもしれません)

30代のある時からなぜか、エネルギーやヒーリングの世界に興味を持ちました。
「なんで生まれてきて、こうやって生きてるんだろう?」
こういう気持ちが小さい頃から拭えません。ふと見上げれば広がっている空に「宇宙は解明されていないし、その他のこともわからないことだらけなのに、なんで大人はたかだか数十年生きているだけでいばるのだ?」と、はてなマークを飛ばしている子供でした。

年齢は重ねても普通の感覚というのがわからず、世間の価値観を一生懸命学びながら
合わせながら、普通のお仕事をしていまいた。(人と一緒に仕事するのが大好きで、世間に敬意は払っています)

30代後半、リーブスインスティチュートの仲裕美子さんの文章に、強烈に惹きつけられ、こういう世界のことは何もわからないままにヒーリング講習を受けに行ったのが2007年です。

特別なことができるようになりたい、というより、もっと仲さんからお話が聞きたい!という一心でした。そして講習はものすごく楽しくて。。。
自分が何やってるのかサッパリわからないけど(笑)とにかく楽しいことをやっているというのだけがわかるという、不思議な時間に、もう夢中でした。

私は見えないものが見えるわけでも、聞こえないものが聞こえるわけでもなく、
ごくごく普通の感覚しか持ち合わせておりません。
そういう自分が、こういう世界でしかもお金を頂いてワークしているという事態にかなり戸惑いつつも、暗中模索をしながら、何より私のワークを受けて下さる方々に教えて頂きながら、どうにか前に進ませて頂いております。

 

私にシャーマンの覚醒のお手伝いをして下さった方は、
「霊障が無いのにシャーマン・・・ハッピーシャーマンですね!」
とおっしゃっていました。
私がハッピーなのかどうかはわかりません。霊障はギフトを必ず伴いますので。
リーブスさん にはシャーマンの定義としてこう書いてあります。

シャーマンとは、恐れることなく自分の一部でもある世界のすべてと対面し、
大地とひとつとなって土の一粒一粒までに光を与えることを望む存在です。

このような存在であること、私にとっては本当に幸せなことなので。。。
そういう意味で、シャーマンは皆ハッピーシャーマンなのでは?と最近思います。
(もちろん大変なこともあるのですが。。。ハッピー100%の人生はつまらないので)

辛いことも嬉しいことも、悲しいことも楽しいことも、全部ひっくるめた人生を
そのままの自分そのもので受け止め受け入れて生きて行く、
その上で人生を楽しむ。
そのためのツールを得る場として、見えない世界に惹かれました。

強くなれると思っていました。
でも実際は、ぺちゃんこになることばっかりで、
前より泣いたりしているし(笑)
強くなったとは思えません。

でも、自分が他からどう見えるのかはともかく、
人生は楽しくなったと感じています。
いろんな方と、人生は楽しいよねと、言い合いたい、
そのためにワークやらご指導やらででお手伝いさせて頂けたら、本当に嬉しいなと感じる今日この頃です。

 

竹下久惠